1. トップ
  2. >
  3. JOFとは
  4. >
  5. 日本オペラ協会

日本オペラ協会について

日本オペラ協会は1958年に教育オペラ研究会として発足し、60年に日本オペラ研究会、70年に日本オペラ協会と改称して81年の藤原歌劇団との統合にいたりました。 以来「日本オペラ協会」は日本オペラ振興会の日本オペラを担当する事業部門として、 “日本の伝統文化に根ざしたオペラの創造と普及”のための活動を一段と充実させ、「藤原歌劇団」ともども日本のオペラ界発展の一翼を担っています。

三木稔作曲「春琴抄」團伊玖磨作曲「夕鶴」清水脩作曲「修禅寺物語」水野修孝作曲「天守物語」などは日本オペラのスタンダードなレパートリーとして定着し、 日本初演となった三木稔作曲「あだ」、原嘉壽子作曲「祝い歌が流れる夜に」「舌を噛み切った女(のちに「すて姫」と改題)」「よさこい節」「額田女王」や再演の石井歓作曲「袈裟と盛遠」山田耕筰作曲「黒船」中村透作曲「キジムナー時を翔ける」原嘉壽子作曲「瀧廉太郎」なども高い評価を得ました。
1988年10月には、文化庁派遣としてポーランド“ワルシャワの秋”音楽祭に「袈裟とも盛遠」で参加し初の海外公演で成功を収めています。 また1984年第39回文化庁芸術祭主催公演「祝い歌が流れる夜に」(原嘉壽子作曲)、1995年第50回記念文化庁芸術祭主催公演「モモ」(一柳 慧作曲)の制作を担当し「祝い歌が流れる夜に」の制作に対して1985年第13回ジローオペラ賞特別賞を受賞しています。 1988年袈裟と盛遠

近年では平成21年は2月にオーチャードホールにて日本オペラ協会創立50周年記念公演として水野修孝作曲オペラ「天守物語」を星出豊指揮、栗山昌良演出により上演、同年4月には川崎市新百合ヶ丘地域で新たしく始まった音楽祭、アルテリッカしんゆり参加公演として「夕鶴」、平成22年4月には今村昌平原作、池辺晋一郎作曲のオペラ「魅惑の美女はデスゴッデス!」(「死神」改題)を上演いたしました。 2009年4月夕鶴

平成23年度は池辺晋一郎氏による新作オペラ「高野聖」を東京・金沢・高岡の共同制作により12月~1月に行い大成功を収め、平成24年度は岩田達宗新演出の「天守物語」、平成25年度は荒井間佐登新演出の「春琴抄」、平成27年度は三浦安浩新演出の「袈裟と盛遠」と日本オペラのレパートリー作品を新演出により上演し、新たな可能性を広げる成果をあげることができました。 2014年3月春琴抄

日本オペラ協会総監督 郡 愛子

総監督 郡 愛子

桐朋学園大学短期大学部卒業。同研究科修了。
1975年に日本オペラ協会より、78年に藤原歌劇団よりデビューし、日本初演オペラや創作オペラなどで卓越した才能を発揮するとともに顕著な実績を上げ、85年、86年に、ジロー・オペラ賞を2年連続で受賞。87年には自身初のリサイタル「オルフェオの世界」で昭和62年度文化庁芸術祭賞を受賞。これまで両所属団体の公演はもとより、小澤征爾指揮「ヘネシー・オペラ・シリーズ」、新国立劇場主催公演ほか、数多くのオペラに出演を重ねる。
コンサートにおいても主要オーケストラの定期ならびに特別演奏会へのソリスト出演は枚挙にいとまが無く、2002年に横浜アリーナで開催された世界3大テノールによる「3大テノール・ラスト・コンサート・イン・ジャパン」ではゲスト出演している。
これまでテレビ、ラジオの主要音楽番組に多数出演し、CDアルバムも現在8タイトルをリリース。独自のスタイルのテーマ・リサイタルをほぼ毎年行い、その多面的な活動を幅広いメディアでとり上げられるなど、日本を代表するメッゾ・ソプラノ歌手として活躍を続けている。
2017年4月より日本オペラ協会総監督に就任。東京都出身。公益財団法人日本オペラ振興会 理事。日本オペラ協会 総監督。藤原歌劇団団員。公益社団法人日本演奏連盟 理事。

ページ上部