1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. JOF Blog 舞台裏レポート
  6. >
  7. ドン・ジョヴァンニ
  8. >
  9. 【キャストコメントvol.6】ドンナ・エルヴィーラ役の佐藤亜希子/佐藤康子よりメッセージ★

JOF Blog 舞台裏レポート

ドン・ジョヴァンニ 舞台裏レポート

2018.06.23

【キャストコメントvol.6】ドンナ・エルヴィーラ役の佐藤亜希子/佐藤康子よりメッセージ★

2018年6月30日(土)・7月1日(日)・3日(火)日生劇場、7月7日(土)よこすか芸術劇場で行う藤原歌劇団公演「ドン・ジョヴァンニ」のキャストコメントの第6弾は、ドンナ・エルヴィーラ役で出演する佐藤亜希子(6/30&7/7)と佐藤康子(7/1&3)です★

 

★佐藤亜希子より
—ドンナ・エルヴィーラ役の“ここを見てほしい!”という注目ポイントを教えてください!
『屈辱的な思いや痛い目にあわされながらも、ドン・ジョヴァンニを深く愛し、強い意志と品格のある女性。
エルヴィーラには3つのアリアが与えられていて、それぞれ彼女の性格を表していますが、特に2幕で歌われる呪いのアリア「Mi tradi quell’alma」ではエルヴィーラの苦悩を表現したいです。』

—今回の公演への想いをお願い致します!
『今回はマエストロ・サッバティーニとの出会いに、心から感謝しています。
私にとっては挑戦の連続ですが、公演まで頑張りたいと思います。』

 

★佐藤康子より
—ドンナ・エルヴィーラ役の“ここを見てほしい!”という注目ポイントを教えてください!
『エルヴィーラはただひたすらドン・ジョヴァンニの野望を打ち砕くために現れては妨害を繰り返しますが、その彼女の動機がドラマが進むにつれ変化していきます。
初めこそ己の体裁を取り繕うため、保身のためにドン・ジョヴァンニを追いかけるのですが、最後には「貴方にはなにも求めない、ただその堕落した生き方を改めてほしい」と自らの身を投げうって彼を救おうとします。
嫉妬にまみれた狂女と勘違いされがちな彼女のひたむきにドン・ジョヴァンニを愛する姿を是非追っていただけたらと存じます。』

—今回の公演への想いをお願い致します!
『彼女の捨て身のタックルならぬ捨て身の愛情表現を見ていただきたいです!
彼女は徹頭徹尾、本音で語ります。
偽らず、赤裸々に自分の苦悩、否定して拒絶しても湧き上がるドン・ジョヴァンニへの愛情を、庶民の前でも隠しません。
貴族でありながら人間らしさも失わず、庶民と貴族の垣根を越えて両方の世界と交流し、己の心の傷をさらけ出す。
サッバティーニマエストロにイタリア語のフレッシュで生きた語感を吹き込んでもらい、岩田さんに深く切り込んで精神を分析され、色んな女性の側面を肉付けされた彼女を演じきれたかどうか。
ご期待ください❤️』


 

ドンナ・エルヴィーラは終始孤独で、最後にはこのまま孤独で生きていくことを決意する強い心の持ち主。
ドン・ジョヴァンニへの愛の強さ、ひたむきな心情をどうぞお見逃しなく!!
劇場でお待ちしております🎶

 

オンラインなら24時間チケット購入ができますので、是非ご利用ください♪♪
 
✨「ドン・ジョヴァンニ」公演詳細はこちらから👇♪
DG2018-2

✨CiaOpera Vol.23ではドンナ・エルヴィーラ役 佐藤亜希子の密着インタビューを掲載中!!
是非ご覧ください👇♪
ciaopera23

ページ上部