1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. CiaOpera!
  6. >
  7. Vol.1-折江忠道

CiaOpera!

折江 忠道
Vol.1 -
折江 忠道藤原歌劇団総監督

折江忠道氏に聞く、
「新・総監督就任」と『ドン・パスクワーレ』

『ドン・パスクワーレ』は、イタリアを代表するコミック・オペラと言える傑作ですが、なかなか日本で上演されないのは、余りにもイタリア的な明るさ・センス・ユーモアに満ちているから。イタリア人演出家・ベッロット氏や、日本におけるイタリア・オペラ指揮の巨匠・菊池氏とともに、舌を噛みそうなほどの言葉の嵐や、たたみかけるような演技やテンポをモノにし、日本に新しい喜びと感動をお届けしたい。そして、自らの歌への追求も継続しながら、総監督の任務へも挑戦していきたい。なぜなら、歌うことによる醍醐味もさることながら、歌い続けることで、歌い手と同じ目線になれるから。上から目線は、絶対にしたくないのです。若い力、中堅・ベテランの力が交差し、一丸となって創り上げる舞台にこそ、真価があると思うから。

今最も旬なアーティストのリアルな声や、話題の公演に関する臨場感あるエピソードなど、オペラがもっと楽しめること請け合いの情報をお届けする新コーナー「CiaOpera!」。第一弾は、2016年4月に藤原歌劇団の五代目総監督に就任した折江忠道氏に、その想いや、上演間近の出演作『ドン・パスクワーレ』についてお話をうかがいました。

神様のハードないたずら?新・総監督・折江氏の挑戦。

—折江さんは4月から藤原歌劇団の総監督になられたということで、まずはおめでとうございます!

画像1

どうもありがとうございます。いや、ちっともおめでたくないんです(笑)。(昨年)1年間公演監督をやってきたんですが、いままでやったことないことばっかりだったんですよ。色々な制作とか、それから育成部というところもありまして、研修所なんですけど、そこもちょっと手伝うことになって。それから大学じゃないですか。もう本当に、目の回る思いだった。で、今年の4月になって総監督をおおせつかって。私はもともと自信のない男なんですよ。だから、とんでもないと思ってるんですけど。これはもう、神様のいたずらとしか言いようがない。神様っていうのはたぶん冗談好きなんですよ。

—冗談ですか(笑)。

そうして楽しんでるんですよ。それから、能力のある人はたくさんいると思うのに何故?と考えると、ひとつは年回りだと思うんですね。僕は今年もうすぐで67になるんですけど…

—まったくそうは見えませんね!

ほんとに?50代ぐらいに見えるかな(笑)。今までは本当に、自分の歌ということに関して突っ走ってきた人生だと思うんですね。で、今もって未完成な自分というものがいるものだから、一生懸命夢中になって、少しでも理想に近づきたいと思ってやってきて、気がついたらこの齢になっちゃったんですよ。それで、まったく想像も予想もしてなかったこの公演監督、総監督っていうのをおおせつかって、本当に悩みました。悩んで、悩んで、悩んだんですが、はたと自分の齢を考えたときに、もう66、67でしょ。あと何年生きられるか分からないですけど、今まで自分のことに夢中になってやってきたのを、もうそろそろ人のお役に立つとか世の中のお役に立つことを少し考えろよ、という神様からのお告げかなと思って引き受けることにしたんです。

でもね、条件を出しまして。総監督というと、もう第一線を退いてしまって舞台では歌わない、というのが普通なんでしょうけど、私は今までずっと自分を追い求めてきたものですから、未完成なんですよ、とにかく。それでそこから離れて、自分の目標みたいなもの、あるいは歌い手であるってことを失いたくないっていうのがありまして。で、自分に合ったもの、あるいは自分が歌うに適したものがあったときには歌わせてください、とお願いして、それで一応同意を得て。そういう場合は歌わせていただいて、なおかつ総監督もして、ということを条件としてお引き受けしたんです。今となってはね、「しまった」と思ったんです(笑)。もうね、勉強する時間がないんですよ。

—お忙しいんですね?

すごく忙しいですね。簡単に歌いたい、と言いますけど、大変なことだと思います。でも1年間公演監督をやってきて、今は数ヶ月総監督ですけど、歌を歌って良かったと思う部分もあるんです。というのは、歌い手のみなさんと同目線で接することができる。総監督になると、キャスティングとか色々なこともあって、どうしても上目線になりやすいような気がしてしょうがない。上から見て、「これ歌いなさい」とかね。でも自分が歌を歌ってるってことで、歌い手の苦しみとかがやはり分かるんですね。親身になって、その人に身になって考えられる。「これをお願いする、これは今回お願いしない、でもそうするとずいぶん苦しむだろうな」とか、よく分かるので、同じ歌い手として接することができるというのが一番のメリットかなと思っています。

藤原歌劇団のオペラの稽古なんかもそうですけど、和気あいあいとしてるんですよ。みんなとても楽しく、非常に家庭的な雰囲気でやってるわけなんですけど、それは崩したくない、と。私はしょっちゅう、自分が歌わなくても稽古場に顔を出してるんですけど、みんな(内心は)緊張するのかどうか分からないけど、本当に和気あいあいと冗談を言いあって、稽古場に入ると挨拶をするのに普通は「おはようございます」というのを、私がこういう風貌をしてサングラスなんかかけると完全に怪しいから、昔から知ってる歌い手は「どうも、どうも」なんてやる人が結構いて。そういう雰囲気というのが藤原のいいところ、すごく温かいファミリーという感じがします。それぞれみんな自分の優れたところや、ちょっと難しいってところも本当に遠慮なく稽古で見せてくれて。だから、非常にうまくいっているんだと思います。

—オペラはチームワークですものね。

そう。例えば、タイトルロールってありますよね、「ルチア」とか「マクベス」とか「オテロ」とか。その役を支えてる人の人数たるや、大変なものですからね。それをみなさんよく分かってらっしゃる。そういうところで仕事ができるっていうのは、幸せですね。私は(監督として)1年ちょっとですけど、こういう風に違う角度からみなさんと接することができて良かったな、と思います。ただ、体は大変だけどね。いくつあっても足りないような気がする。だから、家にいるときは死んだようになってるんですけどね。ここに来ると急に生き返るんです(笑)。

—イキイキされるんですね(笑)。

不思議ですよね(笑)。

—合ってらっしゃるのかもしれませんね。

どうなんですかね。まぁ神様の仰ったことだから、と思うから、なんでも受け入れようという気はありますのでね。受け入れたからには、マイナス的な思考じゃなくてプラス思考で、「明日があるさ!」という将来に向かった希望みたいなものをいつも持っていたいと思います。

—折江さんがそういう姿勢でいらっしゃると、みなさんも気概をもってついていけますね。

いやいや、ついてきてるんじゃなくて、私がこんなだからみんな一丸となって「なんかしてやろうよ」みたいな気持ちがある。実際みなさん歌に対してすっごい真剣。この世の中でこんなに真剣に物事にあたれるっていうのは、その人の持ち味だし、そういう人がたまたま集まってるんじゃないかな。みなさん本当に、面白いけど真面目。うん、そういう人が集まってるんですね。みなさんのおかげですよ。本当にそう思います。

ページ上部