1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. CiaOpera!
  6. >
  7. Vol.2-中井亮一

CiaOpera!

中井 亮一
Vol.2 -
中井 亮一藤原歌劇団団員

中井 亮一氏に聞く、
3つのステージと歌への想い

トランペットを志す若者から声楽科への転身、イタリア留学での出会いと開眼、帰国後の藤原歌劇団入団とオペラ歌手としてのキャリア。年を経るごとに強まるオペラへの想い。およそ20年間自分をつくり上げてきた愛すべき音楽たちを、振り返り、噛み締めながら、40歳を目前にした今こそまっすぐにお客さまへ伝えたい。普通のテノール歌手とはまた違う一面も披露する8月のコンサート、こんにちまでの研究成果を魅せきる9月の初リサイタル、米寿を迎えるアルベルト・ゼッダ氏の指揮による12月のスペシャルコンサート、そして(一財)地域創造公共ホール音楽活性化支援事業登録アーティスト(おんかつ)など様々な活動を通して、藤原歌劇団の一員として、日本中にオペラの魅力を伝えていきたい。

今最も旬なアーティストのリアルな声や、話題の公演に関する臨場感あるエピソードなど、オペラがもっと楽しめること請け合いの情報をお届けする新コーナー「CiaOpera!」。第二弾は、今年8月、9月、12月と立て続けに大きなステージを控える傍ら、「おんかつ」登録アーティストや大学での指導者として、ますます活躍著しいテノール歌手・中井亮一氏にお話をうかがいました。

今こそ、自分の音楽を伝えたい。9月の初リサイタルへ向けて。

—中井さんは、8月から3つ大きなコンサートに出演されるとお聞きしています。8月18日(木)と、9月8日(木)と、12月1日(木)の3つですが、まず順番は前後しますが9月8日のリサイタルについてお聞きしたいと思います。初リサイタル、というのは少し意外な気がしました。

中井亮一

2012年
藤原歌劇団「夢遊病の女」
エルヴィーノ役

自分の中でなんですが、「リサイタル」と「コンサート」は分けて捉えていて。「みなさん、こんばんは!」で始まり、曲の解説をしたり、ゲストと一緒にデュエットしたりという、いわゆる「コンサート」には今までも何度かやらせていただいて、充実したキャリアを積ませていただいています。でも今年12月にちょうど40歳になるんです。年齢で区切るつもりもないんですけど、やっぱりふっとこれまで20年を振り返ると、まっすぐ自分の研究分野をお客様の前で披露したことが1回もないまま来てしまった、ということもあって、タイミングを感じて、今年初めてフォーマルな「リサイタル」をやることにしました。

—ご自身の研究分野とおっしゃるのは、やはりロッシーニ(が作曲した作品)でしょうか?

今はそうですね。まぁそれだけではなく、色々とやってはいるんですけれど。私は、大学で声楽を始めて。だいたい中学生・高校生ぐらいから始める人が多いんですけど、私はトランペットだったものですから大学に入って(歌を)始めたということもあって、とにかくがむしゃらだったというか。「ゼロから頑張らなきゃ」みたいな気負いもあって、自分なりに一生懸命勉強した曲、学生時代も含めて20代など若いときに勉強した曲を、実はコンサートで取り上げる機会がなかったので、それらの曲を、うしろを振り返りながら、1回リサイタルという形で披露したいと思いました。一方で、プロになった後というか、基礎が出来て、ある程度技術がついてきたから専門的に、というときにロッシーニを中心に勉強しはじめたので、それでもちろんロッシーニがメインですけど。その前後の作品も(研究対象)ですね。

—そういうところが今回の選曲にも表れているんですね。これはご自身の選曲ですか?

はい、全てそうですね。

—前半は、歌曲が中心ですか?

はい。「イタリア古典歌曲集」といって、日本の音楽大学では声楽はほとんどここから始めるというような、ピアノの「バイエル」みたいな感じの曲集の中から、私が人生で初めて歌った”愛しい人よ”という副科(声楽を主な専攻としない)の人もやるような曲も入れて、自分の今までの経歴を追うような感じでプログラムを組んでます。「イタリア古典歌曲」は、一番初期の頃にやったという意味もあるんですけど、一方で30歳のときにイタリアに留学して、そこでバロックの先生について改めて勉強し直して、また違うアプローチだったり専門的な視点から仕上げた曲でもあるんです。それで、それらの曲で最初は始めたいなと思っています。

中井亮一

そのあとはロッシーニですね。時代的にもバロック、古典のすぐあとに来るってこともあります。歌曲を3つと、オペラアリアを1つ。歌曲は、自分の声に合っている曲として、(なかには)耳なじみない曲もあるかもしれませんが、研究してきたものを披露したい、という意味でほぼ100%“今”聴いていただきたいものをロッシーニ作品から3つ選んでいます。アリアは、先日日生劇場でも出演させていただいたんですけど、『セビリアの理髪師』というオペラのなかの、長くて、よく(オペラ上演でも)カットされるちょっと難しいアリア(”もう逆らうのはやめよ”)で。自分のマイルストーンというか、今までもオーディションだったり色々なところで評価をいただいたときは、このアリアをお褒めいただいて次の仕事につながったなんて経験もあって、自分なりに思い入れがあって、今一番聴いていただきたい曲かなぁというつもりで1部のトリにもってきています。

—その曲が1部のハイライトということになるでしょうか。

うーん、そうなればいいですけどね!(笑)

—そんな思い入れのある曲で構成された前半ですが、後半は、ドニゼッティの曲などもあるようですね。

はい、全体が4部構成になっているなかで前半が今の2部で、後半の頭にオペラアリアを3つ、これはすべて藤原歌劇団へ入団以降に、実際に全国の舞台で歌ったものをチョイスしました。私は山口県出身で、愛知県で勉強して大学を出て、東京を経由せずに直接イタリアにいったので、東京の事情とかを知らないままプロ活動をしていました。2012年に、それまで賛助出演という形で本公演に出させてもらっていたのを、正式に入団させていただき。もちろん日本一の団体ですから、そこから圧倒的にキャリアが拡大したっていう意味で、やっぱりご恩返し、そしてこれからもぜひ藤原歌劇団にお世話になりたいということもあって、藤原歌劇団でやったオペラアリアを3つ選んでいます。あとで話すことになると思いますが、アルベルト・ゼッダ先生の指揮のもとでやったオペラ『ファルスタッフ』と、『愛の妙薬』というオペラ、これは今の総監督の折江忠道先生とも共演したもの、それから『夢遊病の女』という、入団したとき新国立劇場のステージで歌わせていただいたオペラ。この3つをオペラアリアとして選んでみました。

—この3曲から後半がスタートするんですね。

そうですね、ガラッとオペラの雰囲気になればいいな、と思います。

—やはり、後半も思い入れいっぱいなのですね。有名な曲でなくても、聴いてみると案外いい曲!という音楽はたくさんあると思いますし、発見はあるかもしれませんね。

そうだといいですね(笑)。

—「もっと有名になってもいいのに」というもったいない曲はたくさんありますよね。

まぁでも、もともとオペラの中でテノールっていうのはそんなに有名じゃないので、“誰も寝てはならぬ”と“星は光りぬ”、“女心の歌”ぐらいじゃないでしょうかね、曲と題名が一致するのは。『セビリアの理髪師』とか『フィガロの結婚』とか『カルメン』とかは、テノールのアリアがパッと浮かぶほどは、なかなか… なので、(逆に)そういう意味でも、「これ知ってるでしょ?」という曲よりは、自分が舞台で(情熱を)かけた曲を自信を持って披露したい、ということもありますね。

ページ上部