1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. CiaOpera!
  6. >
  7. Vol.14-大貫裕子 1

CiaOpera!

CiaOpera!(チャオペラ)Vol.14 大貫裕子
Vol.14 -
大貫 裕子氏

奇想天外の先にある、大切なこと。
大貫裕子氏に聞く『ミスター・シンデレラ』。

奇想天外でコミカルな日本オペラ『ミスター・シンデレラ』に、前回と同じ「伊集院薫」役で出演するが、前回と違い今回は若い歌い手が多いので、自分が手本となれるようチームを引っ張っていきたい。何度も舞台を共にしている気心の知れた共演者が多いので、十分に稽古を重ね、笑って泣けて、最後にフッと、身近な人や当たり前に思えていた日々を大切に感じてもらえるような、説得力のある作品にしたい。オフの日は、ジムへ通ったり料理をしたり、宮古島へ行き海と空を感じたり。そうして培ったものを、また舞台へと活かしていく。

今最も旬なアーティストのリアルな声や、話題の公演に関する臨場感あるエピソードなど、オペラがもっと楽しめること請け合いの情報をお届けする新コーナー「CiaOpera!」。第14弾は、10月14日・15日に、日本オペラ協会の今年度第一弾本公演『ミスター・シンデレラ』に「伊集院薫」役として出演される大貫裕子さんに、本プロダクションにかける思いや意気込み、共演者について、演出家の松本氏や指揮者の坂本氏について、オフの日の過ごし方などについてお話を伺いました。

実生活での実感を糧に、より説得力のある「伊集院薫」を。

−ではさっそく、10月14日、15日に上演されます日本オペラ協会本公演『ミスター・シンデレラ』について、色々とお話をうかがっていきたいと思います。大貫さんは、以前も今回と同じ「伊集院薫」役で『ミスター・シンデレラ』に出演されていましたが、まずそのとき印象深かったことなどをお聞かせいただけますか?

前回の思い出としては、まず下着姿で歌ったことがいちばん強烈に印象に残っています。それから、アンサンブルでたくさん動いたのですが、みんなで一斉にそれぞれ違うことを言ったり、違う動きをしたりしたことが印象的でした。また、とてもコミカルな作品で、私はそれまであまりコミカルな作品には出演していなかったので戸惑う部分があり、芝居的な要素もすごく多い作品なので、セリフを言ったりすることがとても難しかった印象があります。

−お客様の反応は、いかがでしたか?

私自身、それまでいわゆるオーソドックスな「オペラ」に出演することが多かったので、セリフがあったりする点からも、「これまでのオペラとは全然違う雰囲気」という声が多かったです。

大貫裕子

−様々なオペラ作品や作曲家へのオマージュも散りばめられているようですね。

そうですね。例えば「結婚式」というと、ワーグナーの『タンホイザー』の結婚行進曲が流れてきたりと、各所に作曲家の伊藤康英さんの“遊び心”があると思います。

−今回はニュープロダクションということで、前回とはこう変えてみよう、こう挑戦してみようというような、思いや意気込みはありますか?

はい。前回は鹿児島県との共同制作で、全3回公演のうち2回は、鹿児島の方や他のオペラ団体の方との混成チームでした。今回は日本オペラ協会の本公演なので、新たなチームで稽古を重ねていきたいですね。今回驚いたのは、キャストのなかで1番か2番に年上かもしれない、ということです。前回は逆に若い方だったので、世代の入れ替わりがあるんだなぁと感じるとともに、今までは引っ張っていってもらっていたけれど、今回は「なんとかしなくちゃな…」と思っています。

−今回は、若い出演者が多いのですね!「引っ張っていく」というのがひとつのキーワードになりそうですね。

そうですね。前回、稽古場で先輩方の姿を見て「あ、こういう風にやるんだ」とすごく勉強になりました。実際、今の自分が若い人たちから見てどういう風に見えるかは分からないですけれど、やはり自分が以前感じたのと同じように感じてもらえるようにやっていきたい。そうやって先輩の姿を見て次へつないでいくというところが日本オペラ協会・藤原歌劇団の良き伝統だと思います。

−一方、役づくりについてはいかがでしょう?前回と同じ「伊集院薫」役ですが、何か本プロダクションならではの変化はありますか?

前回は、伊集院薫という役と、年齢が同じぐらいでした。でも今は少し年上になってしまったので、「若々しく居たい」という歌詞を歌うときなどに、より説得力を持たせたいと思います(笑)。説得力という意味では、「研究者」とか「大学でのポジション」という要素がストーリーのなかに出てくるのですが、今実生活で大学に勤めていることもあり、それも活かしたいと思います。それから、私のなかで大きいのは、東日本大震災をきっかけに「これまで当たり前に感じていた事が、当たり前でなかった」ということをすごく感じるようになりました。例えば、家族が離ればなれになってしまったりだとか…。このオペラにも、最後に「ある朝」という終曲がありますが、ふとしたときにそばにいる人がすごく大切で、その人との生活を大事にしていきたいというメッセージが込められていて、私が感じていることとすごく重なるんです。前回は「当たり前すぎる」という気がしたことが今回は自分の中で実感を持って歌えるんじゃないかと思います。

大貫裕子

−日常生活で経験したり、気付いたことが、役に深みをもたらそうですね。この作品のおすすめポイントはどこでしょう?

本当に奇想天外なストーリーで、ドタバタコメディーですけど、最終的には「あ、そうだったよね、そばにいる人がいちばん大事だよね」と思えてホッとできるようなところですね。それで、オペラを観ながら笑ったり泣いたりしたあとに、フッと自分の大切な方と手をつなぎたくなるような気持ちで帰ってもらえればいいですね。

−手をつなぎたくなるような、というのはロマンチックでいいですね!ご自身のシーンで、イチオシの見せ場はありますか?

冒頭で歌う薫のアリアがすごくミュージカルっぽい曲なんですね。で、前回はそんな風に感じなかったですが、今回は発声なんかも少し“ミュージカル風”にしてみようかな、と思っています。

−いつも歌われている感じとは、少し違う歌い方を聴かせていただけるのですね!

はい。若い頃は高い声が楽に出たぶん、低い声が出にくかったのですが、年齢とともにだんだん低音を出しやすくなってきているので、そのへんをうまく活かして歌えたら、お客様へもより表現が伝えやすくなるのではないでしょうか。

−なるほど。歌い方でも、今だからこそできることを活かすのですね。

ミスター・シンデレラ
ページ上部