1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. CiaOpera!
  6. >
  7. Vol.23-佐藤亜希子 1

CiaOpera!

CiaOpera!(チャオペラ)Vol.23 佐藤亜希子
Vol.23 -
佐藤亜希子氏

初の『ドン・ジョヴァンニ』に見出す、
ドンナ・エルヴィーラの魅力とは。

『ドン・ジョヴァンニ』への出演も、「ドンナ・エルヴィーラ」役も初めてではあるが、モーツァルトの空気感を表現できるよう自分を高めていきたい。ドンナ・エルヴィーラの古風さや、ドン・ジョヴァンニとも通じる部分のある意志の強さは、音楽にも表われている。3人の女性の個性の違いや、ドン・ジョヴァンニが生き方をつらぬく“地獄落ち”のシーンを楽しんでほしい。オフの素顔は、海と音楽と“曖昧”を愛する茅ヶ崎っ子。

今最も旬なアーティストのリアルな声や、話題の公演に関する臨場感あるエピソードなど、オペラがもっと楽しめること請け合いの情報をお届けするコーナー「CiaOpera!」。第23弾は、『ドン・ジョヴァンニ』に、2018年6月30日に東京、7月7日に横須賀でドンナ・エルヴィーラ役として出演する佐藤亜希子氏。モーツァルトの音楽や役への思い、マエストロ・サッバティーニ氏や岩田達宗氏、共演者、オフの過ごし方などについて伺いました。

モーツァルトの音楽が、「ドンナ・エルヴィーラ」を語っている。

−本日は、藤原歌劇団本公演『ドン・ジョヴァンニ』で、6月30日・7月7日に佐藤亜希子さんが演じられるドンナ・エルヴィーラ役についてお話を伺いたいと思います。まずは、意気込みからお聞かせいただけますか?

はい。私は『ドン・ジョヴァンニ』に出演すること、そしてこのドンナ・エルヴィーラ役を演じることが初めてなのです。今回は、もう1月からマエストロ・サッバティーニのディクション(発音)稽古が始まっておりまして。普段、海外からマエストロがお越しになる場合でも、本番直前に来日してバーッと仕上げるので、今回のように一から細かく、マエストロに直接教えていただけるのはすごく贅沢だなと思います。これだけみなさんの力を集結させてやっていることなので、すごく責任も感じますし、またモーツァルトを歌うのは歌い手にとってすごく難しいのですが、それを難しく見せずに、モーツァルトのあの空気感を表現できるような技術が歌い手にないと、いくらサッバティーニさんが振ってくださっても、良い公演にならないので、そういった意味で、自分もレベルアップしたいという気持ちでいます。

佐藤亜希子

−ありがとうございます。確かにモーツァルトは難しいと、よく耳にします。どういったところが難しいと思われますか?

私が演じる「ドンナ・エルヴィーラ」という役でいうと、この人はすごく“女の情念”のようなものがある、熱く強い女性だと思うのですけれど、モーツァルトの「様式感」の中でそれを表現するということが私にとっては難しいのです。モーツァルトの音楽って、沢山の真珠が一気に転がっていくようなイメージがあって。それがずれてしまうと美しくないと思うのです。感情の表現も含めて、きちんとした技術が必要なのだと思います。

−なるほど、とてもレベルの高い技術が求められるのですね。今回のドンナ・エルヴィーラ役について、今ご自身で思い描いている人物像はありますか?

はい、細かい点は立ち稽古のなかで岩田さんと相談して役づくりをしていくと思いますが、サッバティーニさんは音楽のなかに人物像が見えてくるということを、よく言ってくださるんです。そうやって見ていくと、エルヴィーラの音楽は古めかしいというか、時代にそぐわないようなところと、愛情深い女の情熱、意思の強さに溢れていますが、音楽の中に彼女の性格が描写されていると思います。エルヴィーラ自身はすごく情熱的なのですが、あれだけ痛い目にあって、恥をかかされてもドン・ジョヴァンニを愛し貫くというのは、なかなかできないことで。ドン・ジョヴァンニも地獄に落ちてまでも、最後まで生き方を変えなかったじゃないですか。普通のただのプレイボーイだったら、たとえ遊んでいても死ぬか生きるかとなったら「わかりました、やめます」と言うと思うんですけど、そこまでしても自分の生き方を変えない人はいないかも。軽蔑されると同時に、みんなが憧れるところだと思うんです。

佐藤亜希子

−それだけの意志というのは、なかなか持てるものではないですよね。

生き方を貫ける人って、今の世の中でもなかなか、いそうでいない。みんないろんなことでバランスをとって生きている。そういった意味では絶対に自分の信念を曲げないエルヴィーラも、似ているところがあると思います。ドンナ・エルヴィーラとドン・ジョヴァンニは、片方は厳格で片方は自由奔放に見えますが、お互いに似た部分のある、唯一無二の存在なのかなと思えます。

−一度結婚した相手を愛しぬき一生添い遂げるというような、ある意味揺るぎない、そして古風な考え方が、ドンナ・エルヴィーラの音楽に表れているのですね。

ページ上部