1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. CiaOpera!
  6. >
  7. Vol.36-伊藤貴之 1

CiaOpera!

CiaOpera!(チャオペラ)Vol.36 伊藤貴之 1
Vol.36 -
伊藤貴之氏

2度目のシドニー卿への抱負。

『ランスへの旅』でイギリスの軍人・シドニー卿を演じるのは2回目。故・アルベルト・ゼッダ氏からの教えを受けて目覚めたロッシーニ作品への好意、前回2015年の同演目で感じたシドニー卿という役との相性の良さ。作品に関わるごとに増す“ロッシーニ愛”を以て、人物像をさらに掘り下げ、感情表現や歌唱技術に磨きをかけて、よりハイレベルな舞台をつくりあげたい。共演者も、ほとんどが気心の知れた間柄。もちろん初めての方も含めて、良い舞台を共につくれそうな心強い方々ばかり。そしてまなざしは、来年の『リゴレット』へも。今自分にできる素直な声で、東京に、そして地元愛知へ届けていく。

今最も旬なアーティストのリアルな声や、話題の公演に関する臨場感あるエピソードなど、オペラがもっと楽しめること請け合いの情報をお届けするコーナー「CiaOpera!」。第36弾は、前回久保田真澄氏に引き続き、新国立劇場オペラパレスにて上演の藤原歌劇団公演『ランスへの旅』に、9月5日・7日のシドニー卿役でご出演の伊藤貴之氏。本役が2回目となる伊藤氏に、1回目から引き継ぐ想いや異なる視点、見どころや共演者について、そして来年2020年2月に出演予定の『リゴレット』や、ご出身地愛知についての貴重なお話を伺いました。

より増した“ロッシーニ愛”で、以前よりハイレベルな「シドニー卿」を。

−今日は、先日に引き続き9月5日(木)・7日(土)の『ランスへの旅』に、イギリスの軍人シドニー卿の役でご出演される、伊藤貴之さんにお話を伺います。伊藤さんは、この作品に出演されるのはもう何度めかでいらっしゃいますよね?

はい、2014年7月の日生劇場での藤原歌劇団本公演で、(故)アルベルト・ゼッダ先生が指揮を振られた『ランスへの旅』に、やはり今回と同じシドニー卿で出演しました。さらにその3ヶ月前、2014年4月に大阪でもやはり『ランスへの旅』に出演しました。指揮はやはりマエストロ・ゼッダでしたが、プロダクションは別で、そのときはドン・プロフォンド役でした。それが、僕にとって初めてのロッシーニ作品で、そのときロッシーニ音楽の第一人者であったマエストロ・ゼッダにみっちりと指導を受けたのですが、おかげでロッシーニが大好きになりました。それまで、全くといっていいほどロッシーニ作品にご縁がなかったのですが、その大阪の公演がきっかけで好きになりましたし、参考にしていたCDのひとつで、サミュエル・レイミーというバス歌手が歌っているシドニー卿を聴いて、「シドニー卿もやってみたいなぁ」と思っていたのです。そしたら、そのあと7月の藤原歌劇場の本公演でやれることになり、とても嬉しかった。ですが、この役にはすごく難しいアリアがひとつありまして。特にバスという声質でありながら声を転がすアジリタという技術を求められる点や、高い音も低い音もいくつも出てくる点などが難しく、「自分にできるのだろうか?」という不安も覚えました。幸い、この公演もマエストロ・ゼッダに厳しくもあたたかく指導していただき、日々の稽古を重ねていくうちに、この「シドニー卿」という役やロッシーニの音楽に、自分がどんどんハマっていくのがわかったのです。そのとき「僕にはこの役が合っている」と思いました。

伊藤貴之氏

マエストロ・ゼッタと

—シドニー卿とご自身がどんどん近づいていったのですね。

そうです。そして本番を終えたら、自分で思っていた以上に周りからの評判もよく、より一層嬉しくなって「もっと勉強しよう」と思いました。

—それは、本当に、役として合っているからでしょうね。

はい、今でも合っている役だと思いますし、その2014年公演のあと、他にもいくつかのロッシーニ作品に出演させていただいたあとの、今回2度目のシドニー卿。以前より、「ロッシーニ愛」がすごく増していて、ロッシーニにも聴いていてほしいと思うほどです。だから、今回はそのロッシーニ作品が好きな気持ちをしっかり表現につなげていければいいなと思います。

—「ロッシーニにも聴いていてほしい」というのは、素敵な気持ちですね!それでは、以前より強まった“愛”で、前回1回目のシドニー卿とはまた違った気持ちで役に臨めそうだということでしょうか?

そうですね。あと、気持ちに伴ってのことだと思いますが、たとえばアジリタにもっと気持ちを込めたり、もっと正確に歌ったりというテクニック的にも以前より少しは上達したかなと思っているので、稽古を重ねて、本番では前回に比べてよりレベルの高いものをお見せしたいですね。とにかく、先ほどもお話ししたソロのアリアが難しいのです。また、バスという声種は、普段ソプラノやテノールのようにセンターに立って歌う機会が少ないので、このように希少な見せ場で堂々と表現できるように頑張りたいと思います。


—「アジリタに気持ちを込める」という教えは、生前ゼッダ氏がよく語られていたと伺っています。

はい、そのとおりです。アジリタや、細かい装飾音符ひとつひとつに感情を込めて、ということは、最初のドン・プロフォンドのときも、1回目のシドニー卿のときにも言われました。シドニー卿は、珍しくテノールのように、コリンナという女流吟遊詩人に恋する若者です。でも、なかなか自分の気持ちを伝えられない、いわゆるちょっと“ウジウジ君”(笑)。それは、学生時代の自分とも重なって、すごくよく気持ちがわかります。その「自分の気持ちを伝えたいけど、どうしよう、どうしよう」という思いや、「コリンナに会って、はやく花を渡したい」という気持ちをアジリタに込めて、表現したいと思うのです。

—具体的にはどのように表そうとされていますか?

そうですね、シドニー卿って、基本的には先ほどもお話ししたような「言いたいことがあってもなかなか言えない」というキャラクターなのですが、好きな女性にはすごく弱い反面、軍人ということもあり、男性相手やあまり気にしていない相手だとすごく強気に出る一面も持っている。だからウジウジ、モジモジしてしまうところと、強いところを分けて演じられたらいいと思いますね。

—なるほど、二面性があるのですね。細かい音ひとつひとつにも、前回よりもさらに丁寧な感情表現を追求する。そんな、レベルアップした伊藤さんのシドニー卿、必見ですね。

15年藤原歌劇団公演「ランスへの旅」シドニー卿

2015年 藤原歌劇団公演「ランスへの旅」シドニー卿役

ページ上部