1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. CiaOpera!
  6. >
  7. Vol.27-森口賢二 1

CiaOpera!

CiaOpera!(チャオペラ)Vol.27 森口賢二
Vol.27 -
森口賢二氏

『静と義経』で、頼朝を演じるということ。森口賢二氏が語る。

日本人なら誰もが知っている歴史的上の人物「源頼朝」。オペラのなかでは静と義経を別れさせ、殺してしまう悪役だが、歴史的には様々な偉業を成した人。政治的な権力者としての威厳や、抱えている孤独や苦悩を、歌や演技だけでなく、その居ずまいからも表現したい。そのためにも、共演者全員を知っている本プロダクション、特に先輩方がしっかりと脇を固めてくれることは心強い。初役の苦労はあるかもしれないが、これまでの様々なオペラ同様、かけがえのない本番を大切に臨みたい。今しかない、子供たちと過ごす時間のように。

今最も旬なアーティストのリアルな声や、話題の公演に関する臨場感あるエピソードなど、オペラがもっと楽しめること請け合いの情報をお届けする「CiaOpera!」。第27弾は、2019年3月2日に日本オペラ協会公演『静と義経』に頼朝役で出演される、バリトンの森口賢二氏のお話です。日本人なら誰もが知っている歴史的人物を演じることについてのお気持ち、役への考察、共演者について、オペラへの取り組み方や休日の過ごし方について伺いました。

歴史上の人物・源頼朝。ただの悪役ではない有名人は、役のつくりがいがある。

−今日は、2019年3月2日(土)、日本オペラ協会創立60周年記念公演『静と義経』に、頼朝役でご出演の森口賢二さんにお話を伺いたいと思います。頼朝、つまり源頼朝といえば、日本人であれば誰もが知っている歴史上の人物ですね。『静と義経』というタイトルのオペラの源頼朝での出演をどの様にお考えですか?

前回出演させていただいた日本オペラ『天守物語』では図書之助という若侍を歌わせていただきましたが、今度は一変して権力者ですね。そして、静御前と源義経のラブストーリーという観点から見れば、ふたりの仲を裂く悪人です。もっと言えば、殺してしまうし。でも、権力者というのはいつだって孤独なんですね。ものごとが、自分が決めたとおりになってしまう。それは大変なことです。だからただ歌うだけでなく、もちろん演技もしますが、もう舞台に登場してその場に存在するというだけで、頼朝の威厳や、孤独や、背負っているものなどがにじみ出るように表現したい。ただの悪人ではない、内面に抱えた人格なども出せたら舞台人としては冥利に尽きますし、その努力をしたいと思っています。

森口賢二

2009年 日本オペラ協会公演「天守物語」図書之助役

−森口さんは神奈川県のご出身ですが、同じく神奈川県である鎌倉とゆかりの深い頼朝には、思い入れもあるのではないですか?

たぶん歴史的な知識としては、今はまだお客様のほうが詳しい方がたくさんいらっしゃるのではないかと思いますし、もっと勉強していかなければならないと思います。でも、僕は神奈川県厚木市出身で、小・中・高と神奈川県育ちなので、遠足といえば鎌倉の鶴岡八幡宮へ行ったり、頼朝の妻・政子の北条家ゆかりの地である小田原にも行ったりしていました。それに、少しずつ勉強しはじめて知ったのですが、千葉県に「九十九里浜」という長いビーチがありますが、あそこを一里、一里と数えて「九十九里」であると調査させたのは頼朝という説もあるそうで、千葉のほうにも頼朝が鎌倉で幕府をひらくまでに関連する場所が、結構あるみたいですよ。

−そうだったのですか!それは知りませんでした。

あとは、もちろん幕府を初めてひらき、本格的に武士の世を始めたのも頼朝ですし。そう思うと、かなりすごいことをたくさんやった人なんですよ。ただそのために、ある意味での非情さも持ち合わせていなければ、事を成し遂げられなかったのだと思うのです。武士というよりは、政治家として。だから『静と義経』のような悲劇が生まれてしまったのだと、僕は思います。自分の弟をはじめ一族郎等みんな殺してしまい、静御前の子供も、静自身のことも結果的に殺してしまっていますからね。これは恐ろしいことです。でも、それらは頼朝が歴史的なことをやり遂げるため、犠牲にせざるを得なかったのではないでしょうか。頼朝自身も、娘の大姫に死なれ、妻・政子は実は北条家の利益を考えていて、最後には自分の孤独さを嘲笑ってしまうのです。

−なるほど。悪だけではない、孤独な政治家・頼朝の役づくり、大変そうですね。

でも、話は少し矛盾しますが、僕は悪役のほうが演じやすいと思っているんですよ。『トスカ』のスカルピア役や『オテロ』のイアーゴ役にしてもそうですけど。普段、自分ではそんな悪事を働かないですからね(笑)。舞台の上では堂々と悪事を働き、しかも拍手をもらえる。悪者、権力者、老け役、変わり者…普段できないことをできるのは、バリトンの醍醐味だと思っています。

森口賢二

−悪い役、お好きなのですね!森口さんのお人柄から受ける印象からすると、意外ですね!

悪役、楽しいですよ(笑)。あと、僕自身はよくわからないのだけど、周囲に「今度『静と義経』というオペラで頼朝役をやるんです。」というと、「あ、似合いそうですね」と言われたりします(笑)。先ほども言いましたが、“頼朝”と聞くだけで、それだけ日本人にとっては「こんな顔をしている」「こんな性格をしている」「こんな功績を残した」など、名前以上のなにかしらのイメージが浮かぶ人物なのですよね。今回も、役のつくりがいがありそうです。

ページ上部